近年話題のSFAをご存知ですか

近年、ビジネスのスピード感はより重要視されるようになっています。
具体的には社外クライアントへの対応、管理職クラスによる社内管理もさらなるスピード感と効率化が求められています。
そんな背景において、SFAによる営業業務効率アップ効果は企業のニーズに応えるツールとして注目を集めています。
そもそもSFAとは、Sales Force Automationの略で、製品を販売するセールスフォース(営業)に対し、営業支援をすることによりそれを効率化するものです。
顧客の営業活動に関する情報を記録・管理することができ、営業は、過去の商談履歴や現行案件の進捗状況、営業活動で得た情報、スケジュールなどを一覧表示・編集することによって業務効率を上げることができます。
最近では地図情報との連携によって、効率の良い営業ルートを表示したり、現地点から近い顧客情報を表示することができる機能もあります。
マーケティングオートメーションツール(MA)と連携することによって、見込み顧客の育成(リードナーチャリング)を行い、さらなる営業活動の強化を進める企業も多くなってきています。