SFAを導入することでの営業の効率化

営業の効率化としてのツールとしてSFAがありますが、このSFAはITの技術でもって営業を効率化しようとするツールになります。
営業はお客との折衝はもちろんですが、見積もり、発注書の作成などがあります。
しかし、SFAとしての本当の力は営業の支援になります。
顧客との折衝は容易に終ることから、いろんな経緯を経て注文が確立します。
そんな顧客との折衝のプロセスは折衝を担当した人だけの知識になります。
この知識をみんなが共有すれば同様な難しい交渉にも役立ちます。
交渉の単に履歴を残すのはエクセルなどで十分でしょう。
交渉の履歴をデータベース化することで誰しもが閲覧できるようになります。
そういった知識の蓄積が営業のレベルアップにつながります。
もちろん、交渉だけでなく、その顧客の販売品目、数量をも管理することができれば、新たな提案にもつながります。
誰しも閲覧できるので、担当変更による業務の引継ぎも楽になり、担当が替わることによるレベルの低下もなくなりますでしょう。